イラストで覚えるidioms 2 – Water

こんにちは!今回も大好評イラストで覚えるイディオムですが、前回とは少し趣向を変えて、ひとつの単語にスポットをあてて、その単語に関するイディオムをご紹介していきます。

今回のトピックは、waterです。日本語でも、水に関わることわざはたくさんありますよね?英語も同じく、私たちの生活に欠かせない存在なだけあって、たくさんwaterを使ったイディオムありますよ。ぜひ、覚えて使ってみてください!

Water under the bridge

ネイティブの会話でも、よく使われるこのフレーズ。さて、橋の下の水とは…川?!そうです。流れている川のイメージから、「もう済んだこと、終わったこと。昔のこと」の意味になります。昔の物事も、川のように流れて仕しまえば、今となってはどうでもよいこと、そんなイメージでしょうか。日本語でも、何かトラブルがあった時に、なかったことにしようの意味で「水に流す」という表現がありますね。同じ使い方で大丈夫!日本語と結びつけて覚えれば、分かりやすくて使いやすい表現ですね。

Michiko: Are you still angry at Takuya?

Tom: No, we did have a fight, but it’s all water under the bridge.

Water down

前置詞downには、どんなイメージをお持ちですか?下がる?upの反対?なにか劣化しそうなイメージがあるかもしれません。その考え方で、正解です。water down で、薄める。和らげるという意味です。字の如く水を入れて濃い飲み物を薄めたりという言い方にも使われますが、他にも幅広く使用され、会話の中での言葉遣いなどにも使われます。例えば、ボスが部下に向かって厳しく積極をするのではなく、言葉を和らげて、ちょっとwater down させて部下に説明しましょう…といった使い方や、他にも、クライアントと条件面で折り合いがつかない時に、プロポーサルをwater downさせて妥協案を提出する、なんてシチュエーションでも使えます。

Example: A watered-down version of the proposal was accepted.

Water off a duck’s back

アヒルの羽は水をも弾く、つるんとした強い羽のようでそこから来た言葉。いかなるシチュエーションや逆境でも、周りからの野次でも何でも全く構わず堂々としている状況です。アヒルが水を弾くように、外野を弾き飛ばしていくイメージですね。そんな強い人、みなさんの周囲にはいますか?

Takuya: Don’t you mind it when people criticize you?

Tom: No, it’s water off a duck’s back.

みなさん、いかがでしたか?今回はwaterを使ったイディオムを3つほど取り上げましたが、まだまだ水イディオムはたくさんあるので、また次の機会にご紹介しますね!!


SenseiStar.comを利用すれば、あなたの地域の英語の先生のプロフィールや投稿を閲覧したり、先生と連絡することができます。

Category: 英語・英会話, カテゴリーなし, 英語・英会話 | イラストで覚えるidioms 2 – Water はコメントを受け付けていません。

留学して良かったこと、難しかったこと

みなさんは、留学に憧れがありますか?また、近々その予定はありますか?

留学は、多くの人が一度は憧れたことがあるかもしれません。言葉の違う国で生活すること、英語がペラペラになれること、たくさん夢や希望がありますよね。

お金や、時間、家族のこと、色々考えると中々留学に踏み切れず、迷っている方も多いんじゃないかと思います。

そこで、今日は!

海外留学に迷っているみなさんへお役に立てればと、私の個人的な主観ですが、留学をしてよかったこと、そして難しかったことをシェアしようと思います。

留学で経験できるのは、語学力の向上だけではありませんよー!

よかったこと1.

プレゼン能力、自己主張ができるようになる、積極的になる

語学力向上は当然のこととして置いておいて、私が思う海外生活で培ったスキルはズバリこれ。プレゼン、自己主張の大切さ、積極性の向上。

日本でも昔からわりと自己主張をする方であったと自覚していたのですが…

まあ日本の外では通用しない!!!みんなしゃべる!割り込む!私の番まで待ってくれない!話聞かない!笑

とりわけ大学の授業は日本とかなーり違くて、ショッキングの連続でした。20人くらいでのディスカッションクラスでは、はじめの頃は、もう地獄。教授も厳しく、発言しないと休んでいるのと一緒よ!なーんてスパルタされて、日々発言のタイミングを見計らっては、怯えながら講義を受けていたのを覚えております。

そしてまた、授業でプレゼンテーションのクラスがとんでもなく多いこと。え、てか、毎日?ってくらい、常に自分の考えを大衆の前で発表する機会に恵まれ、否が応でも自分の意見を発言する環境を作らされておりました。

この欧米流スパルタ教育で、自分の意見を話すこと、言葉にして伝えることは人よりも得意なような気がします。大人になってから、気がつきましたけどね。

よかったこと2.

自国や、家族への感謝が強まる

これは、留学経験者あるあるです。初めて自国を離れて、外からの日本を客観的に見ることが出来ました。日本が他国に与えている影響力や、世界の中での日本を知ることができました。日本にいる時は、教科書やニュースでしかイメージが湧かなかったことも、一旦外の国にいくと違う価値観が生まれました。

今まで気がつかなかった自国の良さや、まだまだ足りないところ、日本も将来こうなればなぁ、なーんて色々見えてきます。ずっと地元で生活していたら一生湧くことのない感情や考えなんだろうな、なんて今思います。

個人的には、わたしは留学して、日本という国がより好きに!そして、家族への感謝が非常に強まりました。

日本を離れても思い続けてる家族の存在はとても心強い。家族間でのスキンシップがわりと淡白?な典型的な田舎の核家族で育った私。そんな私でしたが、留学をきっかけに、家族との時間や、家族への感謝を伝えるようにと、自分の家族に対する考えが変わりました。

ね、留学って、英語の上達意外にもいろんな経験できるんですよ。

よかったこと3.

器がでかくる

行く国にもよりますが、特に、西洋圏の国は、日本とまず到底違う国です。想像してたよりも、10倍は違います。ちょっとのハプニングや、事件に巻き込まれても、動じなくなりました。

日本で当たり前のことが、当たり前ではないのです。そうなんたって私たちが外国人。

そんな環境で、言語もままならない留学ライフは、アクシデントの連続です。

え?日本からの荷物が届かない?バスや電車が時間通り来ない?お店が夜遅くまでやってない?事故巻き込まれた?盗まれた?え?

大丈夫。なんとかなります。

その国が悪いのではなく、日本がとてつもなく正確で平和なのです。

ね、日本すごいなって、ここでまた日本に感謝でしょう。

私たちの固定観念を良い意味で壊してくれて、刺激的な生活を過ごすことができる、留学。さあ、どうでしょう?ワクワクしません?

そして、最後に悪かったこと…。悪いというよりは、自分の努力が必要だなと改めて感じたことをひとつお伝えします。

難しかったこと.

日本人同士の距離感

多くの人の留学する理由は、日本から離れて英語漬けの生活をして、語学習得することが目的でしょう。新しい世界に飛び込んで、日本の頃の生活とは違うものを期待している人も多いでしょう。はい、私もそうでした。

でも、この現代、日本人ってどこの国にでもいるし、以外と留学先で出会うこと多いです。

本当にこれも、想像の10倍日本人どこにでもいます。

せっかく大金をはたいて海外留学しても、日本人同士でつるんでしまっては本当にもったいない。

もちろん、祖国から離れて寂しい環境で、日本人同士一緒に過ごすことは、ストレス発散になるし、互いの助けになるでしょう。

しかし、せっかく一大決心をして海外に渡って、大きなお金を払って学びにきているのなら、自分に厳しく、日本人だけで過ごすことを避けるべきだと思います。日本人同士でも英語であればもちろん問題はないですが、やっぱり人間、楽な言葉を使いたくなってしまいがちで、それが難しいのも事実です。

最後にもうひとつ、自分の意思で決めて、決断した留学であれば、何も後悔することはないと思います。

でも、でももしそれが第三者から促されている留学であればちょっと立ち止まった方がいいかもしれません。

親や周囲に促されて、決意の浅いまま旅立ってしまう留学では困難が多いと思います。

でもこれは、留学に限ったことじゃないかもしれませんね。何事も自分の決断を信じてですかね。

お話した通り、わたしにとっては留学経験を通して圧倒的にプラスのことばかりで、今は10代の時に大きな決断をしてよかったなぁと思う日々です。

留学をしようかしないか迷ってるみなさん!

ぜひ、今日のブログが皆様のお役に立てれば幸いです。


SenseiStar.comを利用すれば、あなたの地域の英語の先生のプロフィールや投稿を閲覧したり、先生と連絡することができます。

Category: 英語・英会話, カテゴリーなし, 英語・英会話 | 留学して良かったこと、難しかったこと はコメントを受け付けていません。

英会話を上達させるマインド

皆さん、英会話上達のためにはどのような努力をされてますか?ネイティブの先生と話したり、外国人のお友達を作ったり?

私が今日お伝えしたいのは、会話上達を目指すに当たって非常に大切な考え方です。特に、英会話を始めたばかりの方に、ぜひぜひ知っておいていただきたい。

英会話の上達にあたって大切なことは…

文法力?ボキャブラリーの数?ネイティブの様な発音ができること?

…ではありません。

重要なことは…

そう。伝えようとすること、ミスを恐れず、一生懸命に話すこと!!

え?当たり前?今更、何言ってるの?

ですよね。

でもでも、意外とこの考えって、中々難しいんです。しかも、大人になってから学習始めたらなおさら、難しくなってきます。

変な文法かもしれないから恥ずかしい…発音間違いたくない…すぐ言葉詰まっちゃう…この問題難しく感じるのは私だけかなぁ…仕事では上のポジションだから恥をかきたくない…

なーんて頭の中の邪念があなたの成長を止めます。そんなプライドいらなあいーー!!

私が今まで出会った生徒さんたちで、せっかく英会話に通っているのに、この消極的なマインドをしてしまう方は大変多いように思います。非常にもったいないです。日本人は世界と比べてマナーがいい国民性のため、どうやら集団の中での協調性を重んじる傾向や、自己主張を控えがちになってしまいがち。

でも!!!英語を学んでいる時だけは、この性格を変えてもいいかもしれません!英語を話すときは、ドンドン話して!アグレッシブに!積極的に!躊躇する前に、話す!つなぐ!とりあえず話す!

みなさんにはあこがれの俳優さんや、周りにペラペラ英語を話せるお友達はいますか?ぜひ彼らの言い回しをコピーしてどんどんしゃべりましょう。真似は上達の近道です。独り言でも、頭の中でも、ヘタッピな英語で構わないからどんどん英語脳をフル回転させて、自分の英語に自信を持ちましょう。偽りでもよいのです、あなたの自信こそがあなたの英会話力を引き上げます。

私が以前語学留学した時、学校では多くのアジア圏の学生たちと一緒でした。初級のクラスでしたが、クラスメイトたちの自信みなぎる英語とマシンガントークに圧倒され、やばい!これでは日本人代表としてだめだ!!と衝撃をうけたのを覚えております。

でもしかし、よくよく彼らの英文聞いてみると、すんごいトンチンカンな英語喋ってるじゃん!私の方がキレイな英語話せるじゃん!となることが多かったのも事実なのです。笑

いざ英語を話すとなると、正しい文法を頭でくみたてようなんて思いが頭をかけ巡り、結局は気まずい沈黙を作り出していた、当時の私。そこで感じたのは、私に足りないのは英語力ではない。英語を話す勇気と自信。この弱点に気がついてから、弱点を打ち破るよう、とりあえず積極的にしゃべる!しゃべる!を続けました。

その後、徐々にそれが自然体となり、意識せずとも会話が流れるように口からでてくる様になったのを覚えています。

私のような自信と勇気が足りない英会話ビギナーさんは、きっと多く存在しているのではないかと思っております。

英会話を学ぶ時は、素直になりましょう。学生時代に戻ったつもりで学びましょう。無駄なプライドは捨てましょう。自信はなくても、自信を持っているかのように話しましょう。

さあ、みなさん、あなたの英語は素晴らしいです!今日からは今まで以上に英語に自信を持って、一生懸命伝えようと話してください!下手でもいいんです!このマインドさえつかめれば、スルスルと上達することでしょう!


SenseiStar.comを利用すれば、あなたの地域の英語の先生のプロフィールや投稿を閲覧したり、先生と連絡することができます。

Category: 英語・英会話, カテゴリーなし, 英語・英会話 | 英会話を上達させるマインド はコメントを受け付けていません。

短期間でリスニング能力をあげる〜NHK英語教育番組〜

皆さん、リスニング能力に自信はありますか?

英語力を上げるにあたって、リスニングは非常に大切。個人的には、スピーキングやライティングよりも大切なのかなと思っております。私たちの日常生活を考えれば、人の話を聞いたり、周囲からの情報を耳から取集する機会の方が、自分が喋っている時間より多いはずです。ライティングや文法は後からでも大丈夫。日本の義務教育で学習されてきたみなさんであれば、思っている以上にそのスキルはもう備わっていますよ。

そこで難しいのは、リスニングとスピーキング。今日はリスニングの学習法についてです!

私が、今回おすすめする方法はひとつ。そして、ほぼゼロ円。ちょー簡単。

……みなさん、NHKの英語教育番組を見てください!!!

事前にお伝えしますが、私はNHKからのまわし者でも何でも御座いませんよ笑

私が英語学習初心者で、ネイティブの先生の話が超高速で何も理解できなく絶望を感じた時に始めたのが、NHK教育番組をひたすら見るということ。プラスアルファで、NHKラジオでの英語番組も聞き始め、英語を耳からいれるという環境を出来る限り作っておりました。

この学習法が成功し、物の数ヶ月でリスニング能力が飛躍したのを覚えております。

NHK教育番組って、想像以上によく出来ていて、視聴者目線で出来ています。その道の専門家のみなさんが作成されてるだけあって、本当に本当に分かりやすい。以下、おススメにいたる四つの理由まとめてみました。

  1. 様々なレベルの番組がある!
  2. 説明、解説、どこよりも分かりやすい!
  3. 再放送が多く復習しやすい!
  4. 超安い!

1. 様々なレベルの番組がある!

このレベル分け非常に重要です。みなさんご存知でしょうか、NHK英語教育番組は全部で10種類くらい常時ございます。一番下のレベルは、簡単な挨拶から、上のレベルはビジネス英語や国際ニュースを扱う番組まで、また中には留学生向けの現地での英語クラスのコンテンツなど本当に様々です。しかも、それぞれの長さが30分以内にまとめられてる!飽きない!眠くならない!よく昔、私はリスニング用の教材買っては、あれ、思ったより難しすぎるな、ついていけないわ どーしよ、やーめよ。なんてことが、ありました。大丈夫。NHKなら、あなたにぴったりのレベルが見つかります。飽きても、違うレベルの番組すぐに見つけられます。

2. 説明、解説、どこよりも分かりやすい!

そうなんです。教科書や、高い授業料で英会話の先生に英語で教えてもらうよりも、番組内の講師と生徒役さんのやりとりが、とーっても分かりやすい。やっぱりTV慣れされたプロだからでしょうか、学習者目線で構成されています。英会話学校のネイティブの先生って、たまーに意思疎通できないことありませんか?いやいや、日本人的にはこんな風に言いたいのに、アメリカンだとそうなっちゃうのか…なんか納得いかないけど面倒くさいからまあいっか。とかね。日本語にはaとかtheとか複数形とか一生かかっても理解しがたい部分を、日本人目線で教えてくれます。また、グラフィックや番組用のスキットも手が込んでいて、見ているだけでも面白いんですよね。私は毎週のスキットを楽しみにみていました。

ご参考

3. 再放送が多く復習しやすい!

英会話になんとなーく毎週通っては、私の英語は上達しているのかしらと不安に感じてる皆様。ええ、大切なのは復習です。なんとなーく通って、喋って、先生のお話聞いてるだけでは、せっかくのお月謝もったいないです。本当に能力を上げたいなら、復習は必須です。NHK教育番組ならそれが簡単にできます。一度放送された番組は、大抵数回再放送され、週末には1週間分まとめて放送してくれたり、とりあえず何度でも見るチャンスあります!一度習っただけの言い回し、一回じゃ絶対覚えられないです!数回見てようやく頭に入ってきて、そしてまた見て、初めて自分の口から使えるようになりますよ!

4. 超安い!

安い。というか、ほぼ無料。NHKに通信料金払う払わない賛否両論ございますが、みなさん払っていると仮定して、どこの教材や英会話学校より明らかに安いです。番組用のテキストも書店で売っていますが、個人的には必要ないんじゃないかと思います。テキストがあると、番組よりもテキストばっかり見てしまって、集中して耳で聴くということが難しくなってしまいますので。英語の上達にはお金がかかるという概念をぜひ壊しましょう。

以上、私が考えるおススメする理由です。もし、座ってゆっくりTV見る暇ないわ!なんて方おりましたら、NHKラジオがおススメです。同じように、様々なチャンネルございます。もちろん、Podcastとか色々な英語番組が世間には出回っているのですが、ビジュアルと耳から同時に入ってくるTVは一番気軽に始められるのかなと思います。

ご参考 NHK英語学習WEBサイト

ちなみに、私本人は、NHKラジオとTVを毎朝夜、色々なレベルのを見続けて三カ月くらいで、自分のリスニング能力の向上を感じました。わかる!言葉がわかる!と始めて感じた時は感動しますよね。

みなさんも英語学習がんばってくださいね。


SenseiStar.comを利用すれば、あなたの地域の英語の先生のプロフィールや投稿を閲覧したり、先生と連絡することができます。

Category: 英語・英会話, カテゴリーなし, 英語・英会話 | 短期間でリスニング能力をあげる〜NHK英語教育番組〜 はコメントを受け付けていません。

英語の先生を選ぶ時に確認するべき5つのこと

英会話学校よりも格安で、オンラインで簡単に英語の先生が見つけられる現代。オンラインの先生を選ぶ時には何を注意したらいいの?どんな先生が一番?ここではそんな迷えるみなさんのために、5つのヒントを紹介します。


1. 英語を教えた経験

当たり前かもしれませんが、英語を教える能力を知るためには、これまでにどれだけ長く教えてきたかというのは、やっぱりとても大切です。キャリアが長い先生たちは、長年にわたって様々なアプローチを試み、どんな方法が生徒により伝わるかを知り、文法やボキャブラリーの説明を工夫を凝らして教えてくれます。一般的に、日本で1年以上教えている英語の先生は、こうしたテクニックを身に付けていることが多いと思います。がしかし、このような人気の先生はスケジュールが埋まっており、予約を取るのが難しいこともあるようです。

2. 英語教育の資格

英語教育の資格には、様々な難易度の物があります。 日本に来る前このような資格を取得した先生は、資格を持たない先生よりも、専門性の高い英語教師になることでしょう(もちろん例外もありますよ!)。 専門的に英語を一つの言語として深く掘り下げて学ぶのであれば、修士学位を取得している先生はパーフェクトかもしれません。でも、もしあなたがスピーキング練習だけ、ペラペラになることを目的としていたら、どうでしょう?こうした資格を持っている先生は必ずしも必要ですか?資格が全てというわけでは無いのかも知れませんね。

3. 英語が母国語か

英語は世界中で広く話されているため、英語が母国語ではなくても流暢に話すことができる人はごまんといます。でも実際、多くの人はネイティブの先生と話したい!本場のスピードと表現に触れたい!と思っており、英語がネイティブの先生を希望することが多いです。ここでお伝えしたいのは、英語が母国語かどうかに関わらず、いろいろな英語の違いに触れることが非常に重要ということです。ニューヨーク出身の先生と、フィリピン出身の先生とでは、かなり違って聞こえるでしょう!先生が英語のネイティブかどうかは、あなたの学習の目的によって決めると良いのかもしれません。

4. 日本語の能力

これは学習スタイルによって異なってきますが、日本語を話すことができない英語の先生を希望する人は多いです。日本語を話すことができない先生であれば、全ての会話を英語で行わざるを得ないため、上手く伝わらない時は、自力で伝えようと必死にコミュニケーションをはかります。このサバイバル英語は、より早く英会話を上達するためには必要です。ですが、細かい文法の質問や単語のニュアンスに関して、正確に答えてもらうことが難しいといったマイナス面も考えられます。日本語を理解している先生であれば、日本語の知識がない先生よりも、詳細な質問に答えることができるでしょう。したがって、英語のみを話す先生は初級~中級の学習者向け、日本語が分かる先生は、中級~上級、またはそれ以上のレベルの学習者向けだと言っていいかもしれません。いずれにせよ先生を雇う前に、あなたの学習スタイルを決めることをおすすめします。

5. 日本への滞在期間

先生との良い関係を築くことは、英会話の上達にとってキーになります。良好な関係を築くことで、先生はあなたの長所と短所が分かり、あなたの望む学習ゴールへと導きやすくなります。しかし、多くの先生は1年やちょっとの短期間だけで日本に来ているのが現実です。授業が始まったばかりにもかかわらず、先生が帰国してしまっては、残念ですよね。授業を始める前に、先生がどのくらいの期間日本にいるかを確認するのは大切なことですよ。


SenseiStar.comを利用すれば、あなたの地域の英語の先生のプロフィールや投稿を閲覧したり、先生と連絡することができます。

Category: 英語・英会話, カテゴリーなし, 英語・英会話 | 英語の先生を選ぶ時に確認するべき5つのこと はコメントを受け付けていません。