【EngRish】英文校正ネイティブチェックをしていますか?!

みなさん、英語が第一言語の人による英文校正、英文添削を受けたことがありますか?

いくら日本人でTOEIC満点の人が作成した英文でも、ネイティブからみると違和感のある表現が使用されていたり、分かりづらい言い回しを使用していたり、ノンネイティブには分からない細かな修正が多く見つかることがあります。

訪日外国人の増加や、企業の英語の重要性が増加している中で、今注目を集めているのがネイティブによる英文校正/添削、つまりネイティブチェックです。

しかし、予算や時間に限りがあるため、google 翻訳や無料のソフトしか使えない…なんて人もいるでしょう。

では、英文添削をしないとどんなミスに陥ってしまうか、次に紹介する事例を基に考えてみましょう。翻訳ミスによって大きく話題となってしまった過去の二つの残念な出来事を紹介します。

世界的有名ドイツの車メーカーAudiが、新作リリース時の広告に、ドイツ語の原文を直訳した”white power”と表記してしまい大きな問題となりました。white power とは、白人至上主義を表す言葉で、第二次世界大戦のナチスを彷彿とさせる人種差別の言葉です。後に広告会社のミスと判明したものの、Audiは企業ビジネスのイメージを世界的に悪化させてしまう出来事となりました。

ニュース記事: Bad Translation Turns Racing Product Racist then Racy

また、日本では2016年に外務省がTTP(環太平洋経済連携協定)協定文や関連法案の和訳に誤訳・欠落があったことを認める声明を発表しました。表記ミスや誤訳が計18箇所存在し、中には「国有企業」が「国内企業」と記されており、明らかに間違い翻訳である事が証明されました。日本政府の翻訳に対する適当な対応や危うさが明るみに出てしまい、国家へのマイナスイメージとなりました。

ニュース記事: TPP協定文、18カ所誤記

では、私たちの生活に身近な所ではどうでしょうか?

‘”Engrish“‘という言葉をご存じの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。English のLがRに変わって”Engrish”。これは皮肉がたっぷり込められた英語スラングで、巷で見つけられた間違えた英語のサインや標識のことを指します。海外旅行をした時に、日本語の変な看板やちょっとおかしな日本語Tシャツを着ている現地の人、まさにそれがEngrishです。見てる分には面白いけれども、正直間違った文章の看板は胡散臭く見えてしまうのが事実です。

私たちが使用する英語も同様です。通じれば良いのではなく、正しく適切で正確な英語を使用してこそ、信頼度や評判があがるのです。それがネイティブによる英文校正の重要性です。

以下の英語表記の看板たちを見てみて下さい。Google翻訳に頼りっぱなしではいけない事が一目瞭然です。正しい英文はどうなるか、考えてみましょう!

No.1

英文完成度 90%
スペルミス 0%
意味不明度 85%
総合評価 非常に惜しい

【EngRish】英文校正ネイティブチェックをしていますか?! 1
意味: 「ピクニックシートとお酒は許可されています」

一見、そのまま読み過ごしてしまいそうなこちらの文章ですが、目を凝らしてみるとあれ何かが違う。禁止事項の看板かと思いきや、どうやらpermitted (許可)されているようですね。あ、この公園で宴会していいのか…。

文法もスペルミスもないのに、非常に惜しいこのサイン。あと一歩のところで作成者の意図とは真逆の結果に終わったことでしょう。

答え: permitted の前にNOTを入れる

No.2

スペルミス 100%
意味不明度 50%
適当度 100%
総合評価 RとLの違いは大きい

【EngRish】英文校正ネイティブチェックをしていますか?! 2
意味: 「スプーン、皆さん、箸…」

イラストがあってよかった。フォークって英語のスペルなんだっけ?Forkです。Rです。こちらはRがLになっちゃっていますね。日本人特有のRとLがごちゃ混ぜパターン、“Engrish”のスラングもここから来ています。ちなみにfolksの意味は別にあって、人々や皆さんといった意味になり、よく職場でのメール文頭なんかで「Hi, folks!」なんて挨拶で使われます。キッチン用具の中に紛れ込んでいる人々…はい。意味不明ですね。

答え: folks→forks

No.3

英文完成度 50%
スペルミス 0%
前置詞混乱度 100%
総合評価 前置詞要再学習

【EngRish】英文校正ネイティブチェックをしていますか?! 3
意味: 「マムシの面倒を見てね?」

毒々しく舌を突き出す凶暴なマムシのイラストとともに、be careful to snakes. あれ、何だろう、おっかないマムシのことを一瞬忘れるくらい、何かが違和感。そう前置詞が違和感。このイラストのおかげで意味はかろうじてネイティブに伝わるかもしれませんが、イラストがなければ、あれ?マムシの面倒を見るのか?なんてイメージも与えかねないのが正直な印象。たった1つの前置詞が違うだけで意味は大きく変わってしまうのが英語です。be careful の後にtoが続くことはほとんどないですね。

答え: Be careful to → Be careful of

No.4

マヌケ度 90%
スペルミス 0%
意味不明度 20%
コメント RとL

【EngRish】英文校正ネイティブチェックをしていますか?! 4
意味:飛んでいるpan

英語には、fly とfryがあるのをご存知でしょうか。前者は、空を飛ぶfly。後者は、揚げ物に使われるフライドチキンのfryです。さて、フライパンのフライはどちらでしょう?もちろん、後者ですね。LとRを間違えただけで、こんなにマヌケになってしまうのだから要注意です。

答え: Frying pans

No.5

文法正確度 0%
スペルミス 0%
意味不明度 120%
コメント 主語が違うと意味不明

【EngRish】英文校正ネイティブチェックをしていますか?! 5
意味:???

日本語では文頭に主語をつける必要がないため、多くの人が英語のsubjectに混乱していることでしょう。こちらの文はまさにそれ。主語がtimeになってしまっているため、時間が工事中なのかという印象を与えかねない、はちゃめちゃな英文となってしまいました。

答え: Building is not currently being constructed.

No.6

文法正確度 0%
意味不明度 120%
コメント 伝わりそうで伝わらない

【EngRish】英文校正ネイティブチェックをしていますか?! 6
意味:???

こちらもNo.5同様、外国人は混乱を招き、意味が伝わらない張り紙です。イラストのおかげでようやく意図がわかりますが、no walk smartphone だけでは十分な英文ではありません。注意喚起の張り紙こそ分かりやすく、正しい英語である必要があると思いますが、みなさんはどう思いますか?

答え: Do not use your smartphone while walking 

東京オリンピックが2020年に開催され、外国人観光客が年々増加にある日本。レストランのメニューや、案内表示版、公共交通機関などありとあらゆる所で英語表記が求められます。英語表記のないレストランと、そうとでは、外国人観光客の来店率が違うことは周知の事実です。先生スターでは、英会話だけではなく、ネイティブ添削を専門としている先生も多く登録しています。レストランの英語メニュー、英文記事、英語表記のチェックなど、先生次第では単発での翻訳依頼も可能です。大きな翻訳会社では高額となってしまう依頼も、先生スターならコストを抑えることができるのです。簡単な文章チェックであれば、クイッククエスチョンでも出来ますが、もし長文や、本格的なチェックであれば是非ネイティブチェックをオススメします。

先生Starは、学習者と先生をつなげるSNSです。

Chii先生

Chii先生

中学生の時に英語に目覚め、高校卒業後はニュージーランドへ。現地大学で英語教育のdegree取得後、東京へ戻り現在は外資系コンサルティング会社にて、バイリンガル秘書として働く。TOEIC900。自身の英語勉強法や、海外経験などをシェアするためにブログ執筆中。ブログの挿絵もChii先生による描き下ろし。

プロフィールを見る
英会話の先生を探す…

Recent Posts

Follow Us

Recommended Video