fbpx

迷惑と思われないために!カフェ英会話注意点とレッスンのコツ

英会話のネイティブ先生との低額レッスンはこちら

カフェ 英会話レッスンに興味はあるけれど、他のお客さんに迷惑にならない?お店側も大丈夫?なんて、不安に思う方も多いかもしれません。

インターネットで「カフェ英会話」と検索すると、「カフェ英会話 迷惑」なんて言葉がちらほら引っ掛かります。それって本当なのでしょうか?どんなことが迷惑になってしまうのか、どんな心がけをすれば有意義なレッスンをうけられるのでしょうか。

カフェ英会話に対してたくさんの情報がありますが、一体本当のところはどうなのでしょう。今回のブログではカフェ英会話迷惑疑惑の真相、そして迷惑にならない方法をお教えします。

都内のカフェ で、英語講師と思われる先生とその生徒と思われる人々がレッスンをしている光景を何度か目撃したことがあります。声も大きくなく、周りへ配慮しているように感じられました。が、しかし、英語のカフェレッスンは意外と、世間では物議を交わすトピックであるようで、人によっては快く思ってない人もいるとのこと。

インターネットの質問投稿サイトでは、カフェレッスンに対してのネガティブ意見も多数見受けられます。それらをピックアップしてみました。

カフェ英会話が迷惑と考えられる理由3つ

① 声がうるさい、外国語だと尚更気になる?
② レッスンで長居するのは店に迷惑?
③ カフェは静かに読書や勉強をする所?レッスンはNG?

① 声がうるさい、外国語だと尚更気になる?

よく上がる理由の一つに、レッスンでの声の大きさが上げられます。確かに、静かでカフェミュージックが心地よく流れている空間の中に、英語での大きな声でのレッスンは雰囲気を壊してしまうでしょう。

私は何度かカフェレッスンをしている光景をみたことがありますが、大きな声でカフェ中に響き渡るようにレッスンをしている人たちを見たことがありません。普通の会話と同じ大きさで、他のお客さんたちと同様に会話されておりました。

こちらからしたら、ボリュームのレベルが変わらないので、レッスンをしているなんて気がつかないくらいですが、もしかしたら、中には大きな声でしてしまっている人たちもいるのかもしれません。

それは確かに迷惑なのでやめましょう。しかし、声が大きくて迷惑ということは、カフェレッスンに限ったことではありません

レッスン以外でも数人で集まって賑やかなグループは同様に迷惑ですので、大切なのは適正音量で会話をすることです。当たり前のことですね。加えて、「外国語で話されると日本語よりも気になる」とのことですが、いかがでしょう。

何か外国語学習にトラウマでもあるかのような発言ではありますが、これも適正音量での会話であれば問題ないことだと思います。

② レッスンで長居するのは店に迷惑?

こちらもよく問題視されているトピックです。お客さんの回転率を意識しているカフェにとって、長居されるのはお店側に迷惑なのではないか。

英会話のレッスンの平均は45〜60分といったところでしょう。たったコーヒー一杯の値段で、最長60分の滞在は迷惑なのか。とあるリサーチによると、ドトールのカフェ 平均滞在時間は30分、コメダカフェの平均滞在時間は60分とのことです。

結構、みなさんゆっくりしてますよね。

コメダの平均滞在時間は約1時間、セルフカフェのドトールコーヒーショップは同約30分ともいわれています。

出典元:SankeiBiz

明らかに一般的な滞在時間と比較しても、英会話レッスンの時間は平均滞在時間内です。決して長居しているわけではなく、他の利用客と同等と言えるので、問題はないでしょう。ここで一つ気をつけて頂きたいことは、駅中にあるようなお客さんの出入りが激しくカフェでは、レッスンを遠慮して頂きたいということ。

賑やかで人通りが多いカフェを選ぶよりも、ビジネス街にある落ち着いたカフェをを選ぶことをお勧めします。お客さんの回転率が激しいお店で、1時間を超えるレッスンは流石に迷惑になり兼ねないですね。

レッスンを受ける側としても、人の出入りに気を取られずに集中できるので、落ち着いたカフェでのレッスンが望ましいです。

③ カフェは静かに読書や勉強をする所?レッスンはNG?

カフェは何をする場所かといった定義は人ぞれぞれです。ある人は、カフェ ではお茶を飲んで友達を会話をするところ、ある人は仕事の打合せをクライアントとするところ、ある人は勉強や読書を黙々とするところ。

人によって、カフェ の目的の理解はそれぞれだと思いますが、私個人の理解では、カフェはこれら全てができるオールマイティーな場所である、の理解です。ですので、どれをされても間違いではなく、色々な人が色々なことを良識の範囲内で行って構わないのではと思います。

もしかしたら、カフェ学習をしている利用者が多いエリアのカフェでは、レッスンが禁止されていることもあるかもしれません。そのような時は、ルールに従って、別のカフェを探してください。

迷惑と思われないために!カフェ英会話注意点とレッスンのコツ 1

【体験談】意外と知らない、カフェレッスンではこんな素敵な事もある!

毎週決まった時間に使用していれば、店員さんと顔馴染みになることも!

これは個人の体験談ですが、私の知り合いに長年カフェレッスンで先生を続けている人がいます。彼はレッスンを毎週決まったカフェで、決まった時間に開催しており、もうカフェ 店員さんと顔馴染みとのこと。

長期休暇でレッスンを開催しなかった期間が続くと、店員さんは次に会った時に必ず声をかけてくれるそう。

生徒さんだけではなく、カフェの店員さんとも良いコミュニケーションが取れていて、なんと楽しそう!と思った次第です。こんな環境があれば、長くカフェレッスンが続けられそうですよね。

ガラガラのカフェより、お客さんがいた方がカフェから喜ばれる!

地方のカフェにありがちですが、ロケーションの問題か、常時人の出入りが少ないカフェも存在しています。ちらっと覗いてみては、お客さんゼロで暇そうにしている店員さん。

これでは、集客もなかなか難しいでしょう。そんな時に、お店の窓側やソファー席で、カフェレッスンを行うことはカフェにも喜ばしい限り!実際に、私も誰もいないカフェでレッスンをした事があり、店員さんに通りに面した窓側の座席を勧められました。

カフェ的にも、人がたくさんいて賑わっている雰囲気を出したいものなのだと、その時実感しました。

…結論!迷惑にならないように最低限注意するポイント

・声の大きさは、通常の会話レベルで
・混雑しているカフェは避けよう
・お店でレッスンの禁止はされてないか確認しよう

当たり前のようですがとても大切です。レッスンの質も上げるためには、これらの基本的なことを理解してレッスンに臨みましょう。


【Be quiet以外】英会話の先生の声が大きくて恥ずかしい!そんな時に使える便利フレーズ

上記のことを気にしてはいながらも、やっぱり初めて会う先生の時は、うるさくならないか心配ですよね。そこで、レッスンで使える、相手を思いやった「声を小さくしましょう」の英語フレーズお教えします。是非、使ってみてください!

迷惑と思われないために!カフェ英会話注意点とレッスンのコツ 2
  • Let’s talk quietly. (初級レベル)
  • I think we should keep our voices down. (中級レベル)
  • I don’t wish to inconvenience the other customers so lets try to keep our voices down. (上級レベル)

もし、先生の声がちょっと大きいな…なんて思ったら、ぜひ使ってみてください。カフェレッスン以外にも、声が大きい会社の同僚、友達にも使えますね。

カフェでのプライベート英会話レッスンの値段はいくら?」のブログで、カフェレッスンにおすすめのチェーン店カフェやコーヒー一杯の値段比較を紹介しているので、そちらも合わせてチェックしてみてください。

みなさんが、快適なカフェ英会話レッスンができますように!カフェ英会話の先生はこちらから検索できます。

先生Starは、学習者と先生をつなげるSNSです。

Chii先生

Chii先生

中学生の時に英語に目覚め、高校卒業後はニュージーランドへ。現地大学で英語教育のdegree取得後、東京へ戻り現在は外資系コンサルティング会社にて、バイリンガル秘書として働く。TOEIC900。自身の英語勉強法や、海外経験などをシェアするためにブログ執筆中。ブログの挿絵もChii先生による描き下ろし。

プロフィールを見る