英語脳を作る!自然に英語が出てくるようになる勉強法

英語脳を作る!自然に英語が出てくるようになる勉強法 1

英語がペラペラな人は、頭のなかで日本後から英語へ翻訳しているの?それとも英語で全てを考えているの?

答えは、後者です。都度、日本語から英語へ翻訳していたら時間が足りません。英語上達の近道は、物事をすべて英語で考えられるようになることだと言っても過言ではありません。

では、どうやって英語で考えられるようになるの?!

今回は、アメリカ人英語講師Gabby先生による「9ways to think in English, and stop translating in you head」の動画を元に、頭の中で翻訳をせずに、英語脳を作る方法をお教えします。2017年に投稿されたこの動画はなんと、再生数1,200万回越え!世界中の英語学習者に人気のある動画です。動画はページ最下段にリンクを貼っています。

では、9つのステップに分けて解説していきましょう。


目次
1. Start with small daily activities in English / 毎日行う小さな習慣を英語にしてみる00:03:47
2. Listen to more English / もっと英語を聴こう00:04:51
3. Guess or plan what they will say / ネイティブスピーカーが言うことを予想してみよう00:06:02
4. Stop learning only through translation / 日本語へ翻訳しない00:07:11
5. Stop using a bilingual dictionary / 翻訳辞書を使わない00:08:04
6. Label objects / 身近な物を英語で言う00:08:58
7. Talk to yourself / 一人で大きな声で英語を話す00:10:01
8. Start thinking with a mantra or motto / 英語学習のモチベーションをあげるモットーを見つける00:12:28
9. Do a little English thinking each day / 少しずつ日々の英語勉強を始める00:13:20


*********************
今日の先生 Gabby
出身 アメリカ
特徴 聞き取りやすいアメリカ発音
YouTubeチャンネル Go Natural English
*********************

1. 毎日行う小さな習慣を英語にしてみる

いきなり毎日の言動、行動を全て英語で言ってみましょう、なんて無理があります。では、少しづつ、日々の行動を英語に変えてみてはいかがでしょう?毎日欠かさず行うことを少しだけ英語にしてみるのです。

例えば、ペットを飼っている人がいたら、ペットに英語で話しかけてみましょう。ペットは混乱してしまうかもしれませんが、自分の英語の練習には最適です。「Come, let’s go!」や、「Do you wana go for a walk?」なんて、ペット相手に気軽に話しかけてみましょう。

ペットがいなければご自身のスマートフォンの言語設定を英語にすることもオススメです。1日何回スマートフォンをみますか?その都度、英語設定であれば毎日のあなたの行動が英語なしでは進まなくなっていきます。

他にも、身の回りにある日々の小さな習慣を英語に置き換えることで、あなたのデイリールーティン内に英語という言語が認識され始めます。

2. もっと英語を聴こう

日本にいても、できる限り英語の音を聴く環境を作りましょう。英語の世界にどっぷり自分を落とし込みましょう。パソコンで英語のラジオや、ポッドキャスト、Netflixでもなんでもいいので、ネイティブ英語の音を流しましょう。

英語の音を真剣にリスニングするというよりは、BGMとして流すことを意識しましょう。言っていることを理解しようと集中しなくてもいいのです。

オススメは、掃除や家事をしているときに英語の音を流すこと。歌詞を覚えるもの楽しいですし、歌いながら気楽に英語環境を作ってしまいましょう。

3. ネイティブスピーカーが言うことを予想してみよう

あなたがネイティブスピーカーと話しをしている時、または英語映画をみている時、誰かの英語のプレゼンテーションを聞いている時など、ネイティブスピーカーが、次にどんな発言をするか予測してみましょう。

もちろん、予想が外れてても構いません。しかし、予想をしておくと次にくる発言を理解するために脳内で準備ができます。次の展開や、話しの流れが想像しやすくなります。または、あなたが発言する必要があれば、英語の準備がでてきているので、より自信を持って話すことができるでしょう。

でも予想することに集中し過ぎないように気をつけましょう。ただ、どんな発言や話の流れになるかな?と探索しながら考えておくと、英語脳がどんどん鍛えられていくことでしょう。

4. 日本語へ翻訳しない

これは超大切!英語を学ぶ時に、翻訳は絶対に使わないようにしましょう。

英語圏に留学している人であれば、一歩英語のクラスから踏み出したら、そこは日本語が一切存在しない世界です。わからない英語に出会ったら、自分の目で見て、触って、感じて意味を推測してはいかなくてはなりません。翻訳している時間はないのです。

英単語はただの文字にすぎません。その本質を理解するには、頭の中で意味を理解し、落とし込む必要があります。翻訳された教科書や、インターネット翻訳機能を使ってしまうと、あなたの想像力にバリアーを作ってしまい英語脳を鍛える妨げとなってしまいます。

5. 翻訳辞書を使わない

4と非常に似ていますが、翻訳辞書も同様です。翻訳をやめるためには、英英辞書を使用することをオススメします。

英和辞書を使用し続けると、単語の意味をすべて日本語で考えてしまう癖がついてしまいます。これでは、英語脳は作れませんよね。常に物事を英語で考えるようにするには、分からない意味や単語もすべて英語で調べる必要があります。

6. 身近な物を英語で言う

超簡単で、お金もかからないオススメの方法です。日々の生活の中で目にするものを、すべて英単語で言えるようにしましょう。実際に言わなくてもいいですが、頭の中で唱えてみましょう。

例えば、今あなたの目の前に、マグカップにはいったコーヒーがあるとしましょう。さあ、マグカップを英語で言えますか?Mugcup? それともMug?Cup?

暑い日にはエアコンのスイッチを入れますよね、さあエアコンは英語で?

などの容量で、自分の英単語力を頭の中でトレーニングしてみましょう。

7. 一人で大きな声で英語を話す

これは是非お一人でお家にいるときにやりましょう。英語を大きな声で話すことで、ご自身の発音練習になります。スラスラ話す練習や、英文法を組み立てるトレーニングにもなるので素晴らしい勉強法です。

例えば、「What am I going to eat for lunch today?」なんて自分に問いてみましょう。発音や、文法が間違っていても大丈夫です。このトレーニングの目的は、英語で考えることを癖づけるためにおこないます。

もし英語を話していて文法に分からないことがあれば、メモしてあとでネイティブスピーカーに聴いてみましょう。ネイティブスピーカーが近くにいなければ、もちろんオンラインで調べてもOKです。

もうひとつGabby先生がオススメしているのは、一人でいるときに英語のお気に入りの曲を歌うこと!英語の発音や、英単語の勉強にもつながりますし、何と言っても楽しくなれるのでおすすめです。

8. 英語学習のモチベーションをあげるモットーを見つける

「I am improving my English everyday. 」のように、自分を鼓舞する英語フレーズを見つけて、読み上げましょう。または、頭の中で想像しましょう。何か自分を勇気付けてくれるようなものがいいでしょう。

この前向きな気持ちがあなたの英語力向上につながります。恥ずかしがらずに、前向きな姿勢で取り組んでみましょう。

9. 少しずつ日々の英語勉強を始める

一気に英語はペラペラになりません。1日だけ英語漬けにしても、英語脳が作れるわけではありません。全ては毎日の習慣ですので、少しづつ始めましょう。最初は1日30秒から始めてもいいでしょう。

例えば、毎日朝9時アラームをセットして、30秒間英語で考える!としてトレーニングを始めるものOKです。最初はベーシックな英文だけ繋げても全然問題ありません。大切なのは、それを続けることです。少しずつ始めていけば、後々英語で考える時間が増えていき、一日中英語脳で考えることだってできますよ!


Gabby先生の動画全編は以下からみれます。英語の発音がとても綺麗で、大変わかりやすいアメリカ英語の発音です。Gabby先生はスペイン語を勉強中のようで、それにちなんだ実体験も教えてくださってますので、是非実際の動画もみてみてください。

みなさんの英語脳作りに役立ちますように。英語勉強一緒に頑張りましょう!

先生Starは、学習者と先生をつなげるサイトです。

Chii先生

Chii先生

中学生の時に英語に目覚め、高校卒業後はニュージーランドへ。現地大学で英語教育のdegree取得後、東京へ戻り現在は外資系コンサルティング会社にて、バイリンガル秘書として働く。TOEIC900。自身の英語勉強法や、海外経験などをシェアするためにブログ執筆中。ブログの挿絵もChii先生による描き下ろし。

プロフィールを見る