フレンズは最強英語勉強教材!簡単英会話フレーズを学ぼう

フレンズは最強英語勉強教材!簡単英会話フレーズを学ぼう 1

みなさんも一度は聞いたことがある、アメリカの大ヒットドラマ” Friends フレンズ”。1994 年から2004年にかけてNBCで放送されたドラマで、シーズン10まで続き世界的大ヒットとなりました。

簡単な日常英語フレーズが多く登場するので、英会話学習に最適と令和時代の現在でも英語学習者に人気です。

本日は、フレンズの数ある名シーンの中から、覚えておくと便利な英語フレーズ6つを紹介します。解説付きですので、ぜひ最後まで読んでご自身の勉強にお役立てください。

フレンズ シーズン1 総集編

You gonna crash on the couch? /3:20
泊まっていく?

傷心のロスに対して、モニカが気を遣って言った一言。

“crash on the couch”で”(予定していなく)泊まっていく”の意味。必ずしもソファーで寝る必要はありませんが、予定はしていなかったにも関わらず泊まることになったらこのフレーズを使えます。

ここでの”crash”は、”衝突する”の意味もあるクラッシュ。ソファーに衝突する、つまりはソファーで突然寝泊まるといったイメージです。

I had a major crush on you./4:07
君にぞっこんだった

ロスが高校時代大好きだったレイチェルに当時の思いを打ち明けるシーンでの一言。

“have a crush on~”で”~に片思いをしている”の意味。crushは押しつぶすの意味もありますが、ここでは好きな人への押しつぶされるような片思い、ぞっこん!という意味です。majorとつけているので、よほど大きな片思いだったことが分かります。

先に説明した”crash on the couch”と、今回の”crush on you”のクラッシュは意味と言葉が違うので要注意です。日本語では音は同じですが、英語では違います。

This must have cost him a fortune. /2:37:50
それ絶対めちゃくちゃ高かったでしょうに

ロスからレイチェルへの誕生日プレゼントに、友達全員が驚愕!中身はとても高価なブローチがプレゼントでした。それを見てフィービーが一言。

“must have 過去分詞~”で、”~だったに違いない”の意味です。ここでは、”This must have cost”ですので、”~くらいの費用だったにちがいない”となります。

“cost a fortune”で”大金がかかる、莫大な費用がかかる”の意味です。fortuneがつくと、ただ高いだけではなく”滅茶苦茶に高い!”と言ったイメージですので、プレゼントのブローチがとても高級だったに違いありません。

フレンズ シーズン2 総集編

I’m having a ball! /3:01
俺は楽しんでいるよ!

ルームメイトだったチャンドラーとジョーイですが、とある事をきっかけにルームシェアを解消することに。ジョーイは、出て行ったチャンドラーをお家に招待しますが、チャンドラーは別件で出向くことが出来きません。ジョーイに電話越しに謝りますが、そんな時にジョーイは強がってこの一言。

「I’m having a ball!」/ (君がいなくても大丈夫)僕は楽しんでいるよ!

having a ball = “ボールを持っている”で、なぜ”楽しんでいる”なのかというと、ballには舞踏会やパーティーという意味もあり、そこから何か楽しみな様子を連想させる表現にも使われるとのこと。

実際一人でつまらなそうに過ごしていたジョーイですが、強がってI’m having a ball!なんて言ってしまったようです。彼の性格が現れる表現ですね。

You drop the ball on the project. /30:24
君はプロジェクトでヘマをするよ

チャンドラーのオフィスで一緒に仕事を始めたジョーイですが、ジョーイは演技と現実世界を混同してしまっているようで、この発言。

「He has a strong suspicion that you dropped the ball on the lender project.」 / 彼は、君がプロジェクトでヘマをするんじゃないかって疑っているよ。

“drop the ball”で、ヘマをする、ミスをする。の意味。先ほどのhaving a ballとは違ったballの表現ですので、要注意。野球をイメージすると分かりやすいでしょう。ballを落として(drop)してしまうのはかなり痛いミスですよね?そこからきている表現です。

He is a brown-nose suck-up. /31:02
彼はおべっかを使うごますり野郎だよ

ジョーイの発言に対し、チャンドラーも負けじと彼の演技に付き合います。

“brown-nose”で、おべっかを使う人。”Suck-up”も、気に入られようとごまをする意味。

なぜ”brown-nose(茶色い鼻)”で、おべっかを使う人の意味かというと、語源は同じ意味のkiss assから来ています。こちらはお尻にキスをするという表現ですが、お尻にキスをすると鼻が茶色に汚れますよね?う○ちが鼻に付いてしまうという、何とも英語独特の汚い表現から来ています。

フレンズ シーズン3 おもしろシーン総集編

She meant nothing to me./30:04
彼女は何でもないよ

ロスの浮気を疑うレイチェルに対して、ロスがこの一言。

“mean”は、”~を意味する”となりますので、その後にnothingが続くことで、”彼女は何も意味しない。何でもない。”となります。僕にとって何の存在でもないよ!と必死に説明しています。

meanは他にも色々な意味や使い方があります。例えば、”We are meant to be together./私たちは一緒になる運命だ”のように、be動詞の後に過去分詞のmeantと続ければ、”~になる運命だ、~となるよう意図されている”と文章を作ることもできます。

The guy is mean./45:07
その男は意地悪だ

レイチェルが新しくデートを始めた男に対して、ロスが嫉妬をこめてこの発言。

“mean”とは、先に説明したような”~の意味をする”という動詞として使われることが多いですが、形容詞になると”意地悪な”という意味もあります。

2004年の映画で「mean girls」という大ヒットコメディ映画がありますが、そのmeanも”意地悪な”という意味で使われています。

You are doing this out of spite./ 38:23
あなたは腹いせにそんなことをするのね

ロスとレイチェルが別れることになり、お互いの所有物を巡って喧嘩をしています。ロスが嫌味を言った時に、レイチェルがこの一言。

「You are so just doing this out of spite!」/あなたは腹いせにこんなことをしているだけでしょう!

“out of spite”は、”腹いせに、悪意を持って”の意味。悪意を持ってわざとそんなことするんでしょ!とレイチェルがロスに怒っているのが分かります。

いかがでしたか?フレンズでの英語学習のメリットは、教科書や参考書だけでは学べない表現が学べること、1話が20分ほどと長くなく集中できること、そしてコメディなので観ていて面白い!だと思います。ぜひ皆さんも一度英語字幕をONにしてフレンズを観て観ましょう!

先生Starは、学習者と先生をつなげるサイトです。

Chii先生

Chii先生

中学生の時に英語に目覚め、高校卒業後はニュージーランドへ。現地大学で英語教育のdegree取得後、東京へ戻り現在は外資系コンサルティング会社にて、バイリンガル秘書として働く。TOEIC900。自身の英語勉強法や、海外経験などをシェアするためにブログ執筆中。ブログの挿絵もChii先生による描き下ろし。

プロフィールを見る